油絵

毎日新聞チャリティー美術展

Img410
恒例のチャリティー美術展の寄贈依頼が来ました。今年はSMで日本の風景を出展します。

つがわの狐の嫁入り・・・

Img248

Img247

たぶん18年くらい前だと思うが、僕のホームページの掲示板にシャンソン歌手からコメントが入った。僕の描くパリの絵が気に入ったとかだったと思う。暫くの間掲示板でのやり取りが続いていた。生徒達もそれを読んで「先生と康子さんのやり取りが面白い」と言っていた。

その翌年だったか関内の市民ギャラリーでの生徒の作品展が開催された。そこえピンクのスーツで康子氏がやって来たのだ。生徒達ともいろいろとお喋りしていた様子だった。

翌年県民ホールで康子氏リサイタルが、生徒は行ったようだ。

Img252

数年後生徒達と新宿のシャンソニエに出かけてライブを聞いた。

数年後横須賀で歌の催しがあって、我々の横須賀、猿島、三笠公園フリースケッチと重なったのでスケッチ後に会場に皆で応援に行った。

数年後横浜グランドコンチネンタルホテルで康子氏を招いて親睦会を開催。

その後鎌倉の展覧会にも来てくれた。

康子氏からのいろいろな所へのお誘いにはどうしても行けなかった。

現在は皆さんでお城へいらしてとお誘いがかかっている。

いつか女王様に会いに行きたいと思っている。

Shiro

康子嬢

Yas
最近描いた康子像 こんなふうに康子氏のFacebookに載っていた。

絵の楽しさ

Img228_2
この絵も何度失敗しただろうか!最初の絵は奥深く塗りつぶすされている。次ぎの絵になったが、それも気に入らず塗りつぶしてこの絵で決着した。だからこの絵は厚みが出た。描いている時はまるで戦、作戦を立てながら兵を進めていく心境。それがたまらなく心地よい。
黒いイメージで描きはじめた絵は赤でおさまった。
この絵をエックス線で見ると下に二枚の違った顔があるはずです。
絵とは似ているようで似ていないその絶妙さがよい。

心象

Img227
こういう絵を描いている時は気持ちが落ち着く事が出来る・・・

誇張

Img222_2
肖像画だと許されないだろうが目を多少大きめに描くとイキイキとなる。目は物を言う。
大きさを変えると全体のバランスが崩れるので、どこまでで止めるかが難しい。バランスが崩れた後は抽象画にするしかない。

完成

Img105
ポイントは描きはじめと完成時点では全く違っている。
描きはじめから完成作業ではない。
作業は別物、下塗り、中塗り、仕上げ。

中ほど

Img103_2
このあたりから気持ちを込めて進める。

描きはじめ

Img101
 
今日から描きはじめた趣味の絵
まずはイメージを作り画面上でのバランスを見る。
完成する前にやるべき大事なこと。
面積の自然な配分。
同じ面積は無いかの確認。
平行線は無いか・・・・など

より以前の記事一覧

Adsense 広告





2018年9月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ