アトリエ

上野のアトリエ

Img863_2

写真の整理をしていたら上野に住んでいた時のアトリエの写真が出てきた。

上から寛永寺坂美術研究所での木炭デッサン、フィリッピンから担いできた面、角に掛けてあるチャイナリングとスペインの水筒、左の角には馬事公苑で拾ってきた蹄鉄。右にバレンシアの闘牛のポスター、左にコレクションの紙幣、そしてパレットと絵の具。モチーフのドライフラワーも見える。

50年に一度

栃木では50年に一度という大雨が降っているらしい。15年前の比ではないようだ。那須のアトリエが心配になったので、電話を掛けてみた。呼び出し音が流れていたので家はまだ大丈夫だ!と思う。

伐採

梶の木が電話線に接触しているので、ロープをかけてノコギリでゴシゴシ、もちろん家内が!半分以上切り込みが入ったころロープを引くと幹がミシミシと揺れた。あと数回ノコギリを引けば倒れる。ほら頑張って!

ジャングル

ジャングル

もう庭には出られない。多分あれがいるだろうし…。

昨夜寝ていると顔に何かが?目が覚めると、何かがピョンと跳ねた。畳の上に3センチ位の黒いものが、カエルか?また寝るとまた顔に…カエルならネチとするのにカサカサだ。カマドウマというバッタだった。

古い絵

古い絵

ホコリやカビにまみれた40年くらい前の古い絵が沢山出てきた。洗ってから写真どりする予定。

30年前のアトリエ

Img903_2


現在は巨木となったクヌギや小ナラ、ジャング化した草木だが、移住当時は樹木も細く空が見えていた。現在は落葉後しか空が見えなかったので昨年、木を伐採したので庭が多少明るくなった。  移住当時の玄関と居住部分で1メートルほどの渡り廊下の扉を開けると左にあるアトリエとつながっている。

薪ストーブ

Img834

移住した当初は薪ストーブだった。壁から煙突が見える。ベランダにはパラソルが。薪は手前に見えている木を倒して使った。 片流れ屋根がアトリエ、二階建てが居住部分。

値上がり

来年は値上がりラッシュになりそうなニュースを聞いたので、早速キャンバスを20枚注文した。すでに100枚くらいはストックがあるが念のため少しずつ買っておこうと思った。家内が帰って来たので「来年から、何でも値上がりしそうだからキャンバスを注文したよ。20枚」「20枚、笑わせないでよ20枚だなんて!2000枚かと思ったわよ。たった20枚!や~ね」「一度に20枚しか売ってくれないんだよ」「変なの~」 だから40枚買う時は二度注文を出すことになる。そして二個口で送ってくる。一個にまとめた方がお互いに良いのに!

アトリエ

Img722

正月は那須で過ごすことがあったが、去年から車を変えて夏タイヤにしたので冬は怖くて那須へ行かれない。殆ど那須のアトリエは使わなくなってしまった。

アトリエ庭から

Img7208i

那須のアトリエの写真が出てきた。

Img7208

裏口からのアプローチ

より以前の記事一覧