ひとりごと

充足感

最近思うのは充足しているかという事。仕事、生活などに充足感を持つことは大切な事だ。妥協せずに自分の気持ちのままを生きてみたい。それは容易いが難しいことだな!
後悔しないためにも充足は大切だ。

2018032517190000
夕方の散歩でこんなかげが! かげには影と陰がある。物体の形が映るのが影、物体に光が遮られたところが陰。
陰も影も黒くはない。

百均

家内がスーパーで買い物している間、百均で時間をつぶしていた。ついでなので伝票とステイック糊、電気の延長コード(300円)を買った。アルカリ乾電池も欲しかったが、それは他で買う。以前は百均は余り利用しなかったが、最近は何でもあるので一か所で揃うので便利に使っている。コンビニも何でもあるが品数が全然違う。
まあダメな物もあるが、だいたい間に合うから現代ではありがたい店になった。
画材などはダメだ。

人生の転機

20代の半ば頃に1回、30代後半に1回、50代前半に1回、合計3回人生には転機が訪れてくるだろうと言われ、ひとつの目安であって、生きていく上で価値観や生きがいに対する目覚め・気づきがその年齢ほどに成長することで出会える確立とされています。
僕の転機がまさにこれでした。
20代半ば渡欧して画家の基になる糧を経験
30代後半那須にこもり画家として出航
50代前半絵画指導者の道に入る
これ以外にはこれと言った変化は無かった。
それらの転機も導かれるように変化していった。

80位の・・・

生徒が昼食を食べていたら「先生!」と声がしたので声の方を見ると80位の男性に、やはり同じくらいの女性が「メール送ったんですよ」「見てないな~」と携帯を取り出したそうだ。見たらスマフォだったらしい。
 
話は変わって先の模様を僕に伝える生徒の話。
その人は写真の先生らしかったですよ。周りの生徒さんも皆80位でした。
そうなの80ね!じゃあ僕もまだ大丈夫だね!
でもスマフォでしたよ、先生はガラケーですよね?
そうですよ、これからもガラパゴスです。

東京マラソン

Ike
約一年ぶりに出席した生徒が・・・去年大病したそうだが明日の東京マラソンで12倍の競争率を突破して参加費?万円払って走るという。彼女は凄く頑張り屋で陰ながら感心している。
15年前の雨の日に円覚寺のスケッチに体験参加した。仏殿の軒下でのスケッチで椅子も持ってなかった。冷たい石に直に座った彼女に僕のスポンジ座マットを渡して「これ使いな」とぶっきらぼうに言った。
冷たい石の上にそれを敷いて彼女も2時間スケッチした。当時3歳くらいの娘がいて「娘と一緒に描きたいので入会しました」と言っていた。それから時々休む事はあったが今日まで続いている。彼女は横浜市で忙しく仕事をしている中で時間を作っては通ってくる。
明日は無理せず完走を・・・・。
 

寂しさ

最近たまに無性に寂しさを感じる事がある。そんな時どうしたらよいか解からず黙って目をつぶっている。冬の寒さがそうさせているのか・・・・
 
「春は花 夏ほととぎす 秋は月 冬雪さえてすずしかりけり」
 
の心境

藤川アイ子女史

二昔前に個人教授していた女性は現在郡山にアパートを数軒経営(45世帯) 後に画廊も開いたそうだ。
現在は随筆「復興の時」を出版して近々小説を上梓の予定。
僕の個展でもあれば行きたいと言っていた。
当時は遠いのによく通ってくるなと思っていた。一時間に一本の電車に乗り遅れて郡山から那須までタクシーでやって来たこともあった。
耳が遠くなったようだが元気に暮らしていた。

マネキュア

2018020515150000
前回風邪で休んだ生徒が爪を真っ赤に塗って出てきたが中指だけ金だった。これは金を塗らないでシールみたいのを張り付けたといっていた。
そう言えばこの方は夏も足の爪も赤くしていたな~

お互いに・・・

レッスンも中頃生徒がトイレに行こうと教室の扉を開けると「あら、お爺さんばかりだわ!」「えー!」「隣の教室よ・・・・」 僕も覗くと確かに・・・・。 「向こうもこっちを覗いて、おばあさんばかりだって言われるよ」「ほんと・・・」
 
「どこから描きますか?」アタリの線を描いてあげる。そこで模索している生徒に「僕の線はいいかげんだからね」「そうですね」「正直だね~。普通はそんなことありませんて言われるけど・・・・」
久々に生徒の会話にブログネタが出た。

より以前の記事一覧

Adsense 広告





2018年4月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
無料ブログはココログ