ひとりごと

荒木一郎

「空に星があるように」の荒木一郎は好きな歌手だった。ちょっと前にマジックの事を調べていたら荒木一郎の名前が出てきた。
歌手と同じ名前なのでもしかしてと調べたらその荒木一郎だった。
彼は1944年東京都出身。俳優、歌手、小説家、マジック評論家、カードマジシャン。マジックの本も出している。
ちょっとうれしくなった。

|

辛いこと

生きていると辛いことに出会うことがある。 自身が辛いことや親しい人の辛さを聞くことも。
ただ黙って聞いてあげるしかできないことも。 
僕が辛かった時は聞いてもらうだけでも癒されたものだった。 最近はだいぶ良くなってきたので辛さを聞いてもらうことは少なくなった。
 一人で考えるより聞いてもらえると楽になったことがあった。
これからは、そうした辛いこと、悲しいことを話せる相手を作ることも大切だと思う。

|

苦手

那須から横浜に出てから日曜、祭日の過ごし方が苦手だった。 
那須では日曜、祭日など気にしないほどやる事が多い生活だったが、こちらに来てからは教室が主体になり教室のない日は気が抜けてしまう。とくにGW、お盆、正月は長すぎる。
銀座の画廊が閉廊して絵の仕事も来なくなったのでなおさらだ。
何かやる事を探さないとな・・・・・。

|

へ~

何だか不思議というか・・・・最近20年前に出合あった人と再会し、家内も10年前お世話になっていた。
また30年前に会った人が僕の本を読んだら誕生日が同じことに気がついたと連絡をくれた。
入会して2回出席して半年以上お休みしていた生徒が、また受講させて下さいと連絡が入ったり。
某図書室で15周年画文集を読んだ人が水彩画教室へみえたりと昔に絡んだことが続いている。

|

始動

早い所は今日あたりからスタートですかね! 来週からスタートなので洗車してきた。 泡ワックス洗車3分で終わったが今日は洗車客が多かった。

 
 
Img580

先日注文した本が届いた。99才で亡くなった杉本健吉画伯の 画文集。画伯は長生きしたけど「長生きが目的ではない、絵を描くことが目的でそのために長生きする」と。 画伯の発想の豊かさ、リズムにうなる。

|

在位中最後となる一般参賀

天皇陛下の一般参賀が行われたが、平成天皇はどうしても皇太子にしか見えないのだ。昭和天皇は天皇に見えたのに現在の天皇は皇太子と正田美智子さんのイメージが強すぎた。
今でも皇太子と美智子さんの軽井沢でのテニス場面が付きまとっている。
新しい天皇が誕生したらどんな感じになるのだろう!

|

正月早々・・・・

Img559
散歩から戻ってポストを覗くとDVDが来ていた。封を切って「こうもんのかい」 ひとりごとを言うと近くにいた家内が 「こうもんのかい?そんなの買ったの!」「バカ、項羽と劉邦の鴻門の会だよ」「・・・・・・・・!」
正月早々失礼いたしました。

|

あけましておめでとうございます。

明けましておめでとうございます。
今年は昨年よりもさらに前向きに進んでいきたいと思います。
今年も一年間よろしくお願いします。

|

ラッシュ

帰省、旅行ラッシュで混雑している。僕はこのかたラッシュというものを知らない。都心で生まれ育ったので帰る所まないし、高校や大学も都心から出ていく形でラッシュとは反対方向、会社も歩いて通ていた。後は自営と画家になったので電車にも乗る事は無くなった。どこへ行くにもほとんど車で移動していた。
大晦日もいい天気で良かった。

|

今年も・・・・・

今年も終わりですかね!
今年の出来事は
土曜日、火曜日教室が再開。
カルチャーで鉛筆スケッチ教室、アクリル画教室開講。
那須アトリエ床張替え工事。
悠遊会展開催。
2019カレンダー製作。
二十周年記念画文集発行。
小説出版。
車のキー紛失騒ぎ!
これだけ出来たのだから良しとしないと・・・

|

より以前の記事一覧