ひとりごと

カレンダー

今月から2019カレンダーの配布を始めたが、皆さんが喜んでくれるので作って良かったと思っている。
今回は小さいですね
今回は安いですね
今回は12枚ですね
色を塗ってもいいですか? ダメだよ、ぬり絵じゃないよ、コピーしてそれに塗りなさい!

95円均一

100均は今ではどこにでもある便利な店だが、実は50年前にもあった。
上野広小路近くの赤札堂の95円均一だ。今の100均と同じような品ぞろえで楽しくてよく行ったものだ。
5年前から100均はよく行くようになった。主に文具などの消耗品は100円で充分使える。

勘違い

僕は30の時結婚した。
家内と知り合った時は美術店をやっていて額、画材、絵を売っていた。
家内に年商700万ぐらいだよと言った。
家内は年収700万と勘違いして結婚してくれた。
後で騙されたという。
だましたわけではないが家内に働かせることもしないで何とか暮らせたので、それ程文句は言わなくなった。

チョイ暑

Dsc02589
今日は昨日ほどではないけど汗はかかないほどに暑かった!
火曜日クラスは二人お休みでした。一人はゴルフ。
今日も野菜が入荷していたのでモロヘイヤ180円とキュウリ100円を買って帰った。
家内が二つ買って来ればいいのに・・・・。
スーパーではキュウリが高いそうだ。
ここのキュウリはいつも5本100円、曲がっているから安いそうだ。
漬物にするんだから曲がっていて上等。
僕の鉛筆の線も曲がってるんだから・・・・。

教室のありがたさ

教室を再開してもう少しで一年になるが、教室に通うことで健康でいられていると思う。
以前生徒が一人になっても教室は続ける」なんて言っていたが、ホントにそう思う。
今は杖をついて通っているが、あと10年は続ける気持ちになった。
教室をやめたらダメになりそうな気がするのだ。教室の無い日は寂しくなる。

今見ている中国、秦時代の大将軍が自分は戦場で駆け回るのが仕事で引退はあり得ない、死ぬときは戦場で戦って死ぬのだと誇りをもって言った。

ホームで

先日大船に行く時の事。 家内に先に行ってベンチが空いているか見てきてと頼んだ。
メールが来ないからベンチが空いていなんだと、暫く上で休んでいた。 
エレベーターでホームに降りて歩き出すと15メートル先、ベンチに家内が座ってメールを打っている。
近くまで行くと家内が立ち上がった。その隙にオバサンが座った。 
隣に座っていた赤子を抱えた若い女性がここへ座るように言っている。僕は若い女性が譲ってくれたベンチに座って電車を待つ。
そこで家内に言った「何で立ったんだよ」「ベンチが空いたので座っていたらサッキのオバサンが戻って来て、ここはさっき私が座っていたのだからどいてと言うのよ。だから立ったのよ」
その会話がオバサンにも聞こえてこっちをチラッと見た。家内の声が大きいから!!
「どうぞ座ってください」とオバサンが言った。執拗に言うので家内も僕の隣に座った。
「暑いですね・・・」おばさんが声を掛けてきた「どちらからですか?」家内もしゃべりだした。

体験

先日、白い杖をついて目の不自由な30代の女性が水彩画の体験に見えました。視野が狭くて思うように見えず描いていました。2時間 熱心に線や色の練習をしていた。レッスンが終わると生徒がその方に「これからが先生の時間なんだよ」「何ですか?私もいいのですか?」マジックにも参加して楽しそうだった。普通は目が不自由なら絵を描こうなんて思わないでしょうが、その方にとって絵筆を持つことは夢だったんでしょうね。入会はされませんでしたが自宅で絵を描かれているといいなあと思いました。

展覧会

Dsc02575

忙しくてなかなか展覧会用の絵が進まない生徒の作品に手を入れた。チョッと入れ過ぎかなと思ったけど今日仕上がってしまえば、この生徒もよく眠れると思い合作が出来上がった。7割が本人、3割が僕の筆となった。見せ場を強調すればいい絵になりますよ。

藤森診療所 やぶ科 修復担当

鉛筆

Bの鉛筆を買いにオリンピックへ行ったが文具売り場も小さくなり置いてなかった。仕方なくTOMBOWを買って早速使ってみた。
ドイツ製の鉛筆は良いらしいが日本製でも大丈夫だ。
道具はいい物に限るが、道具を使いこなすか着いていけるかは努力次第。
世界で一番良いと言われる水彩絵の具 ニュートンは僕には合わなかった。以後使う事は無かった。
僕のよなラフな描き方には中くらいのものが適している。紙も硬くなく白くないほうが気に入っている。

若い

6年くらい前に20代の女性が鎌倉教室に来たことがあった。整体の仕事をしているとか言っていたが、TSUUに連れて行った時にママが「若ーい」と目を見開いていていた。それだけ僕の教室はそれなりの人たちなのです。
もう一人30代の看護婦さんの生徒もいた。手が震えて線が描けないと言っていたが注射はうまいそうだ。「手が震えても針が刺せるの?」「注射は大丈夫です、お金貰っているから」「なるほど・・・!」
そう言えば体験で小学6年生がきたこともあったな、真面目に描いていたから若い人でも大丈夫そうだ。
ただ何時ものジョークはダメだな!!

より以前の記事一覧

Adsense 広告





2018年9月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ