心と体

海水浴

最近の若者は海水浴に行かなくなったようだ。 都市部のプールのほうが好きなんだそうだ。小麦色の健康的な肌が敬遠されている。
僕のことになるが夏は海大好き人間でテントを担いでキャンプしたり、1週間民宿に泊まり込んで泳いだりと夏になるのが楽しみだった。 真っ黒になって東京へ戻り、焼けた皮膚の皮めくりが1週間続く。
そんな所為か風邪はひいた事が無かった。風邪をひきだしたのは50過ぎて人ごみに行くようになってからだ。

嫌な夢

昨日今日と嫌な夢を見た。
昨日は 大金を盗まれた夢。
今日は 鍵をかけてトイレで用を足していると誰かが入ってきた夢。
最近はいい夢見ないな~。

重い扉

鉄の重い扉を両手で押して教室へ入ると「おっ先生、良くなったみたい」
マジックは同じのを二度やっても失敗するが帰りに後ろを歩いていた生徒が「先生、歩き方が良くなってますよ」と言ってくれた。
自分では大して良くなった気はしないが、たまに見る人にはその違いが分かるんですね!
家に帰ってからガソリンと洗車でスタンドに行く。
帰りスーパーによって家内の長い買い物に付き合わされる。
飴売りばで5歳くらいの女の子が「こんにちは」と声を掛けてきた「・・・・・・・」「何才ですか?」「60」「・・・・!」
家に戻ってから家内に言うと「お嬢ちゃんは?」って言ったの「言わないよ」「ダメね~」「・・・・・」

煙草

Dor
煙草に手を出したのは大学を卒業してからカッコよさに惹かれて喫いだした。 いろんなメーカーを吸ったがKENTが好きだった。が最終的にはセブンスターだった。 アトリエで絵を描きながら2箱。パイプや紙巻煙草もやった。 とにかく煙草が好きで切らすと夜でも買いに走った。
デカい灰皿から煙草が落ちてテーブルを焦がしたことも、留守に火事になったらと心配した事もあった。
50才の時 朝一服した時に胸に痛みが走ったので禁煙した。その後も貰い煙草をしていたがいつのまにかまた喫いだした。
換気扇の下で吸ったりしていたが喫煙者の肺の写真を見てからきっぱりと止めた。

サプリ

Dsc02556
先生はサプリばかりで食べないんだからと言われたが、最近はサプリは少ししか飲んでない。これだけです。
長年飲んでいるが気持ちの問題でしょう・・・・。

感謝

「ありがとう」「感謝」という言葉は体にいいそうだ。心が肯定的になるため交感神経の緊張が解けて副交感神経が優位になる。副交感神経は快感ホルモンと言われるエンドルフィンや感動ホルモンのドーパミン、幸せホルモンのセロトニンも分泌されるそうです。 「ありがとう」と一言言うだけで快感も感動も幸せも一気に味わえるそうだ。
人から何かをしてもらって当然のように思っていた時期もあったが、それは礼を言うのが照れくさくて言えなかったのだ。でも最近は宅急便にも「ご苦労様、ありがとうございました」と言うようになった。家内がそれを聞いて「悠さんがありがとうだって!」と驚いている。
去年の今頃は病院通いで心身ともに参っていた。これからどうなるのだろうと不安と痛みに襲われていた。外部とは電話だけが救いだった。そんな時期が数か月続いていたが、どのように過ごしたらいいかとか励ましやいたわりの言葉に励まされて今日に至っている。今振り返ると本当に「ありがとう、感謝」です。
一人の言葉に教室再開に踏み切る勇気を貰ったり、一人の言葉で教室に引っ張られたり、一人の言葉に頑張ろうという気持ちにさせられたり、ホントに皆さん一人ひとりに助けられた。これからは一生懸命に皆さんに指導でお返ししないといけないと思っています。

55キロ

風炉から上がって部屋に向かうと家内が僕を見て「太ったんじゃないの!」という。「そうかな・・・しばらくぶりに計ってみるか」体重計に乗っかると55キロもあった。ベスト体重を7キロオーバー。家内は「いいんじゃないの」というが僕にとっては食べ過ぎか!!

太っちゃうとまたレザーパンツやレザージャケットをあげるようになる。僕の太るのを狙っている生徒がいるのだ。

先日もグリーンのレザージャケットを着ていったら「先生、このジャケット私に似合そうよ・・・」と言われた。

低気圧かな・・・

出かける前は曇り、目のあたりが軽くふらつく。首にロキソニンを貼って出かける。低気圧の影響か?でも教室に着く頃にはふらつきも治っていた。帰るころには雨が・・・・。

免疫力アップ

免疫力をあげると色々な病気にも強くなると言われる。 
エンドルフィンとアドレナリンは相反するホルモンでエンドルフィン(脳内麻薬)は快楽によって放出されて免疫力が上がる。心が満たされた時に放出され美味しい物を食べる、いい景色を見る、愛する、熱中する、音楽を聴く、笑う、睡眠などで幸福感が得られるホルモン。
アドレナリン(闘争逃走)はストレスによって放出されて免疫力が落ちる。
極限状態になった時、心臓の働きが強くなり、血圧上昇、血糖値が上がり、興奮状態になる。怒り、悲しみ、緊張、空腹、不快、運動時に放出される火事場の馬鹿力のようなホルモン。
日常は副交感神経のエンドルフィンにあふれた生活が体には良いそうだ。
教室のモットーは「明るく、楽しく、気持ちよく」

半袖

数日前から寝る時は肌着は着ないでパジャマ一枚。今日からパジャマも半袖にしたら今寒い。
教室もこのところジャケット無しで行っていたので、もう半袖でよいかと思ったがまだ早いかな。

より以前の記事一覧

Adsense 広告





2018年7月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ