素描

宿題

 
Img819
 
7月25日の油彩を鉛筆で描く宿題。こんな感じに出来ればよいでしょう。

エスキース

Jan0519

一枚のタブローを仕上げるのにどれだけの準備がいるか。頭の中でイメージをねってまずサラッとラフデッサンを描いてみる。足らないもの、余分なものを確認していく。でも大抵は直感で描くので最初のイメージが生きてくる。あまり練りすぎるとつまらない絵になり、潰したこともあった。

黒空

Jan0520_3 10年くらい前に黒い空の絵を納めたら業者が驚いていた。僕も市場には、まずいかなと思い「返品してもいいですよ」と言ったが、その後返品も無いので売れたのだろうと・・・・・。実際黒い空は夜だろうが、絵の表現には使うことがある。ゴヤにも黒い空の絵があって、スペインを描く時にはたまに黒くした事がある。 

旅行で

Jan0514 旅行ブームとあって皆さんしょっちゅう海外へ行くので「スケッチしてきて」というが、描けないという。ちゃんとした絵を描こうと思うからでこの程度のスケッチで充分だ。

イメージを作る

Jan0517 油彩でも水彩でも作品を描く時にはラフイメージを描いてみると出来上がりの想像がつく。特に水彩は修正が効かないので大切だ。

プロバンス

Jan0518 絵は最小限の線と色で現すことが出来ればそれが理想では・・・・?

ベルサイユ

Jan0512

ベルサイユの庭園は多くの像が建っている。ラフに描いてもそこの感じが出ていればよし・・・・?

セーヌ左岸

Jan0510 一番よく聞かれるのが「何処から描きはじめるか?」ということです。このクロッキーで言えば橋の上の水平線からだ。その上下の線は傾斜が付いてくるから・・・・。分かりやすい所を基準していけば楽でしょう・・・?

ワイキキビーチ

Jan0511 ワイキキのはずれは芝になっていた。ピンクの水着の金髪が寝そべっていた。

勢いで描く

Jan0507 鉛筆でも絵の具でも勢いのある絵に惹かれます。だが実際に描いていくと勢いは薄れ装飾的な方向へ向いだす。それも個人の気持ちだから・・・・

より以前の記事一覧