ピカソ

ピカソと其の友達

Img392

いずれ読もうと買っておいたのだが、何せ古い本で目次を見ても古い資料に基づいた内容なので読むのは止めた。書庫に送ろう! 筑摩書房 昭和17年 益田義信 参円八拾銭 258頁

ピカソはほんまに天才か 開高 健

Nov2401 中央公論社 261ページ

ピカソのアトリエ

Dec0113 パリへ出たピカソは洗濯船を始めとしてアトリエを転々と変えた。画家のアトリエは大体一箇所に落着く事が多いからピカソは珍しい。貧しさから大成していったのだから当然かも知れない。僕は三箇所変わった。

ピカソー人間模様

Nov2402 日本IBM 無限大 東野芳明他 73ページ

迷い

Nov2203 ピカソの線描は殆んど迷いがない。それは描きながら思考していないから引ける線だろう。既に頭の中で絵は出来上がっている。後はそれを表出するだけだからスラスラとペンが走るのだろう。したがって多少というより大きくデッサンが狂うこともあるが勢いが凌駕している。

ピカソを考える

Nov1508 講談社 坂崎乙郎 249ページ

ピカソ・芸術の秘密

Nov0901 社会思想社刊 高階秀爾他  219ページ

パブロ・ピカソの遺産

Oct2709 中央公論新社 夏季真矢 367ページ

ピカソはぼくの親友なんだ

Oct2708 六耀社 47ページ

ピカソ・その成功と失敗

Oct1503 雄渾社 328ページ