« 2019年3月 | トップページ | 2019年5月 »

2019年4月

パスタ

Dsc02918

賞味期限を7年過ぎたパスタが3袋出てきた。明日茹でて食べてみようと思う。多分美味しいはずだ!

|

鉛筆画148 ノートルダム寺院

148

平成 最後の一点はノートルダムです。僕には思い出の場所。

|

昭和

昭和生まれにとっては平成はなんだかパッとしない感じで過ごしてきたが、今度はどうなんだろう!!と思ってしまう。昭和は強かった、人も経済も気質もとにかく面白かった。でも年取るとどっちでもいいよって感じかな。一日一日が終わればそれでいい。

面白かったのは、カメラにフイルムを巻き付けての撮影、写真屋に出してみないとうまく撮れているかが分からない! ドライブでは地図に線を書いてそれを見ながら、やっと半分来たなと言いながら目的地へ。

|

ブーツ

Iimg1039x107515551467008lvtn2263263

このてのブーツは腰を痛めてから履かなくなったので随分廃棄したが、一回だけ試し履きしたのが出てきたので捨てるのはもったいないとオークションに出したら2000円で売れた。僕も買った人も幸せ!!時間さえかければオークションで売れない物はないという!

|

鉛筆画147 油壷

147

|

歯科

行きたくなかった歯科だが、金属が舌にあたって痛いので長いGWの前なので行ってきた。混んでいて予約なしだったので一時間待って診察台に。被せた金属が割れてその縁が舌にあたっていたので金属をガーガーと削って丸くしてもらった。

|

鉛筆画146 七里ヶ浜

146

|

また、めまい

朝3時頃暑くて目が覚めた。汗びっしょり、天井が回るめまいが30秒ぐらい続く。毛布をはいで着ていたものを一枚脱いだ。めまいやだな~今日は教室また休むようになるかな!! 朝7時頃安定剤を飲んでまた寝た。9時に起きたがめまいはしない。治まったようだ。教室へ着くと僕が最後「先生をお待ちしていました」「遅れてすいません」作品展の絵も集まった。マジックは順調。

|

世界が違う

Sy

|

大失態

教室の帰りスーパーで商品券を買う。支払った1000円の一枚をレジスターが受け付けない。店員が不審そうに紙幣を調べている、僕のほうへ紙幣を見せて「破けたんですね?」受け取ってみるとマジックで使った仕掛けが残ったままの1000円札だった。仕掛けを外して渡すとレジを通った。

硬貨なんかは高額で買った仕掛け付き硬貨があるのでそれで支払ったら大損してしまう。今日は先週と同じマジックだったが皆が忘れている!大うけだった。

|

鉛筆画145 マルセイユ

145

|

チラシ

家の中あっちこっちにチラシ、冊子が束になって置いてある。家内がチラシを読んでいたので「そんなもの読まないで捨てろ!」「これ来たんだよジパング」「読んでどうするんだよ、そんなの買うことないよ。捨てろ、チラシなんか貯めこむな!お金貯めろ!!」「そうそう」「そうそうじゃないよ!」

|

ヨドバシドットコム

アマゾンで毎日のように買い物するが、時々ヨドバシドットコムも使う。アマゾンより安い物もある。アマゾンの半額の物もあるのでよく調べてから買ったほうが得する。今日も携帯の付属品を半額で買った。送料無料だしペイジーで安心払いできる。ヨドバシドットコムおすすめです!

|

鉛筆画144 パリ シテ島

144

 

シテ島にある最高裁判所

|

パリの恩人

45年前パリに着いた日に会った恩人だが、最近ひょっとしてこの人のような気がしている!当時の年代も僕より5つくらい上だったし・・・ファッションデザイナーの山本耀司氏。

 

Yama Yjimage

腕組み、タバコが当時と同じなんだ!

Img109

45年前パリでスケッチしたタバコを持つ山本さん。

Img520  Img897

黒のベルベットの山本さん。シャンゼリゼ通り、リュクサンブール公園

 

何故そう思うか!

山本耀司氏は1943年東京都に生まれる。絵がうまく美校も受かったが慶応義塾大学に進む。卒業後文化服装学院に入学。1969年装苑賞・遠藤賞ダブル受賞。受賞副賞で卒業後パリ遊学。

1971年から一年パリに滞在。1972年帰国の年の春、パリに入った僕とカルチェラタンで出会う。数日彼と過ごすが彼は日本へ帰国しファッションブランド「Y`s ワイズ」立ち上げた。のではないかと思っている。

|

鉛筆画143 Batela

143

マドリッドの酒場

|

体調

今月から車はやめて地下鉄で通いだしたが、確かに車の揺さぶり上下振動がなくなったので症状の状態が変化してきた。足の痛みしびれの神経症状は治まってきたが、ふくらはぎの強張りはまだある。後は歩くことによる腰の疲労の影響か腰に力が入らない。でもこれも時間がたてば良くなってくるだろう。

昨日も「先生、病院行かなければだめですよ」といわれたが「行ったって治らないよ」「先生は病院嫌いなんだから~」

整形はどこへ行っても同じ結果になるから・・・・医学生は同じ教科書で勉強するからどこの病院へ行っても同じ事しか言われない。医師が独自の判断することはまずないのだろう。独自の判断する医者は自由診療の医者だ。

|

お花畑

2019041810280000

庭の紫、白、黄、赤の可憐な花が目を楽しませてくれる

|

コイン移動

|

ノートルダム

今 涙して書いている。半世紀前一人パリ東駅に着いた。これからどうしようか途方にくれていたが、何かにひかれるように一本の道を歩き出した。しばらく歩いて眼前に現れたのがノートルダム寺院だった。ついに憧れのパリにいるんだと思った。僕にとってはとても印象深い場所が火災にあい好きな尖塔が焼き崩れる姿を見て涙が流れてきた。

|

鉛筆画142 クエンカ

142_1

 

 

木々の密集したところは色を使えないので表現が難しい、そこがこれからの課題。

|

鉛筆画141 アンダルシア

141

|

鉛筆画140 エル・エスコリアル

140

|

自然治癒力

近代医学は自然治癒というものを認めていないそうです。医学部でも教わらないという。薬、手術が主流。でも医者に行って調べても分からないときに必ず医者が言う言葉「しばらく様子を見ましょう」というのが自然治癒力だと思う。一週間後に再診に行くと「治ってますね」まさに自然治癒だった。人間の体は常に正常に戻そうという働きがあるという。

|

二人展

Img085

わが教室の額装をお願いしている百青堂の長島さんと展覧会の額とマットの打ち合わせがあった。

その長島も鎌倉で作品展を開くそうです。

よろしければ覗いてください。

|

展覧会

Img084

|

TSUU

TSUUにもずいぶん行ってないな・・・・開店まもなく店の前で髭の店長に声を掛けられたのが縁だった。あの雰囲気が好きだったが事情で遠のいてしまった。

最初の思い出はこれだった。8年前カウンター付近に美しい人がいたが遠目にちらっと見ただけだった。勇気ある生徒はスケッチブックにサインをもらって目じりを下げていた。

20110209155425

|

鉛筆画139 堂ヶ島

139

|

鉛筆画138 ローマ テヴェレ川

Img082

足腰の不調でスケッチに出られないので昔のスケッチ、写真をもとに鉛筆画を描くことが楽しみになっている。20代の時歩いた風景を思い返えしながら描こうと思うが記憶は薄れているな~~ここバチカンでは半ズボンで入れなかった事が思い出。

|

風邪

まだ風邪が流行っているのでしょうか!生徒さんたちが風邪に倒れてお休みしています。一人は熱が出て辛いと言っていた。「何度だったの?」「36.1度もあるのよね。しょっちゅう風邪で嫌になる」「なにそれ!平熱以下じゃ。僕はいつも36.6はあるよ」「私の平熱は35.1なのよ」「・・・・・」平熱が低すぎるから免疫力が落ちて疲れるとウイルスに感染しやすいんだね。

平熱37度を目指して生姜サプリを飲んでいる。

Clxmljkvaaakuhy

いまのデジタル体温計では分からないが、以前の水銀体温計は37度が赤い数字になっている。これは37度が異常だというのではない。日本人で最も多い平均体温なのだ。

Research_graph02_1

|

肥し

若いときある画商に頼まれて群馬あたりの市役所の地下で水彩画の実演をやった。客は市役所の職員が食事や休憩で降りてくるのを狙うのだ。廊下には沢山の絵画が並べてある。実演は絵を売るための客引きのひとつだ。地方の役所はそれほど職員も多くないので閑散としている。それでも実演はスタートする。一人もいないのに黙々と描く。見ているのは画商の夫婦だけ。「先生どんどん描いてください。全部うちがもらうから」なんと惨めな一日だったことか。良くデパートで客もいないのに便利グッズなどの実演を遠目に見たことがある。まったくあれだな。そんなことが何度かあった。大船のヨーカドーの屋上の出入り口でもやらされた。スーパーに買い物に来る客が絵なんか見ないよな~と思いながら絵筆を動かしていた。遠くは泊りがけで実演のために河口湖まで行った。あれも生きるための肥やしになっていたんだと後で思った。

|

鉛筆画137 剣崎

137

|

体調

金曜日から土曜日にかけての体調もだいぶ戻った。めまいの後遺症も良くなってきた。春になれば全てが良くなるだろうと思いたいこの頃。家内の那須からの報告では庭のカタクリの群生も芽を出し始めたとのこと。もう数年見ていない。もう鶯が鳴いていると言っていたがまだ早すぎないか?

|

鉛筆画136 長後

 

136_1

|

ブログの不調

ブログの不調がまだ治らない。現在は画像がアップできなくなっている。あっちが治ればこっちがダメという状態がそろそろ20日目になる。IT専門の業者が復旧に当たっているよ思うが、これが金融や交通、軍事で起きたら大変。niftyココログはもとは富士通の傘下だったが今はノジマ電気の子会社。

|

展覧会

Photo_2

 

Img049-2  

 

Img074

 

Img077

 

2019041013200001-3

 

絵を見ているとその人の性格が見えてくるから面白い・・・

|

しょうがサプリ

61mp  

3週間まえから「しょうがサプリ」を飲みだした。一錠に生姜パウダー150mg入り。平熱36.4から5だったが36.6になっていた。0.1体温が上がった。もう少し上がれば免疫力も上がるとおもうので飲み続けよう。

|

展覧会の絵

Img070

 

Img068

 

徐々に集まっています

|

写実はに・・・

Img066

写実は苦手、自分のスタイルでいくか!!

写実は苦手だな、どんどん細かく見てしまう、髪の毛一本までいってしまうから・・・いかに写実から遠ざかるか!そして簡略化し、そこに真実を見出すかが理想だと思う。セザンヌ、ピカソが手本だ。

|

Japan Close-up Magicians Association

Img060

日本クローズアップ マジシャン協会の会員になりました。

|

久しぶりにY

17

久しぶりに描いたが、絵にするのは難しかった。単に描いても絵にはならず随分と描きなおした。どこで妥協するか?これ以上進めると何も無くなりそうで・・・・。筆の置き時は難しい。

目を描いたときに「もういいわよ」と聞こえた。

|

蘭さんとツーショット

56716245_2380445018714743_52586170479353  

|

4人目

Img046

|

3人目

Photo_1

|

体験者が・・・

今度のカルチャーセンター鉛筆画講座に体験者がドバっと来ます。14人もですよ!一人では見きれません誰か助手をお願いします。

あっそうそう、今日はエイプリルフールでした。願望を述べました。

|

« 2019年3月 | トップページ | 2019年5月 »