« 鉛筆画112 パリ遠望 | トップページ | 鉛筆画113 パリ13区の教会 »

困った・・・

家内が尿の再検査でクリニックから試験管を持って帰った。朝一番の尿を持て行くと言う。
数日後
「クリニックへ行ってくる」
「もう取ったの」
「早起きして取ってある。それよ」 
「何処?」
「そこにあるでよ、後ろに」
11時頃に「じゃあ行ってくる」
「途中でこれポストに入れておいて」
「分かった」
2分くらいして変な予感が!!玄関を見ると試験管が置いてある。携帯をかけると家内が
「モシモシ、何・・・!」
「尿は!」
「あっ忘れた」
戻ってきたらしくドアが開いた。
「クリニックに何しにいくの?」
「出かけに悠さんが郵便なんて渡すからよ」
「すまんな!」
試験管を手にまた出て行った。
ポストに尿を投函しないことを祈った!

« 鉛筆画112 パリ遠望 | トップページ | 鉛筆画113 パリ13区の教会 »

ひとりごと」カテゴリの記事