« 2018年5月 | トップページ | 2018年7月 »

2018年6月

先生の手は凄い

マジックが終わると「先生は手が凄いのよね!足はダメだけど」「・・・・・・」言葉が出なかった。ハッキリと物言う生徒は好きだな~アハハ。
マジックでも見物人でまったく違う。何を見てもシーンとしているクラス。「わー」と驚き拍手をするクラス。
笑いは体にいいことは証明されているのだからネタ探しより面白いと笑顔で見たほうがよいでしょう。
セクシーなマジックを演じると男女ともニヤッとしてくれが、そればっかりともいかないので喜んでもらうには苦労している。
最近一年以上コロッケ食べてないな~と思っていたら今日 家内がコロッケを買ってきた。これ心を操るマジック。

|
|

鉛筆画18 北鎌倉駅

Img372
モノクロでは色の鮮やかさは伝えられないので漂う雰囲気 が出ていればよいだろう。昔のモノクロ写真と同じで重厚感のようなものが感じられればいい。今までは色にこだわり過ぎていたが・・・・
そう考えると気も楽になる。

|
|

宿名刺

Img373スペインで宿に泊まると名刺を手渡される。町中で迷ってもこれがあれば帰れるので助かる。セビリヤとバレンシアのホテルの名刺。 P175とは一泊175ペセタ。
Img374
マラガとグラナダの名刺。
Img375_2モロッコはカサブランカの名刺

|
|

劉邦と項羽

Ryu
三国志の前紀元前200年頃の漢王朝が起こるまでの物語。劉邦の皇后は恐ろしい。三国志よりも荒いがとても面白い。  全35話見終わる。

|
|

梅雨明け

Dsc02560
教室の無い日の散歩も2年目に入っている。富士は見えなかったが梅雨が明けたらしい。雨の少ない梅雨は足の安定していない僕には助かった。

|
|

鉛筆画17 セントビクトワール

Img360
 
 木は主役にはなれない

|
|

煙草

Dor
煙草に手を出したのは大学を卒業してからカッコよさに惹かれて喫いだした。 いろんなメーカーを吸ったがKENTが好きだった。が最終的にはセブンスターだった。 アトリエで絵を描きながら2箱。パイプや紙巻煙草もやった。 とにかく煙草が好きで切らすと夜でも買いに走った。
デカい灰皿から煙草が落ちてテーブルを焦がしたことも、留守に火事になったらと心配した事もあった。
50才の時 朝一服した時に胸に痛みが走ったので禁煙した。その後も貰い煙草をしていたがいつのまにかまた喫いだした。
換気扇の下で吸ったりしていたが喫煙者の肺の写真を見てからきっぱりと止めた。

|
|

鉛筆画16 カディス

Img353
 構築物は鉛筆で描きやすいモチーフ

|
|

サプリ

Dsc02556
先生はサプリばかりで食べないんだからと言われたが、最近はサプリは少ししか飲んでない。これだけです。
長年飲んでいるが気持ちの問題でしょう・・・・。

|
|

鉛筆画15 剣崎

Img359
まだまだよくわからない。とりあえず鉛筆に慣れる事だ。道具を使いこなせるようにならないと。
筆圧の変化がいまいちだな。

|
|

鉛筆画14 クエンカ

Img348
 細かいモチーフは硬い鉛筆のほうが描きやすいが、カチカチの絵になってしまうのでやはり2Bかな・・・?
この絵のように樹木の緑が無いと楽だ。
とにかく鉛筆画100枚描いてみよう。

|
|

鉛筆画13 モンマルトル通り

Img343
 木の葉の描き方を考えないといけない。

|
|

アトリエ工事

Img354z那須のアトリエにある茶室の床が腐ったので大々的な工事が入った。
Img354zzz
Img354zzzz
だいぶ酷いことになっている。
Img355zzz
Img354zz
Img355zz 

Img355z

Img357zz
ツカが金属製になった。

Img357z_2
ついでに僕の寝室のフローリングも張替え。 
 

Img356zz_4
ついでのついでで垣根も新調。   

Img356z_2 
3年前の台所他の床工事と今回で綺麗になったが行く機会がない・・・・
 

|
|

鉛筆画12 ピガール

Img342_2
 
  描きあがってみると不自然な箇所が二か所ある。本画にするときにそこを修正する。

|
|

鉛筆画11 江ノ電

Img351
  草木は緑、海は青と頭で色を見ているが電車などは色が出てこない。
それはそれでいいだろう!!

|
|

京都新聞社

Img346
 速いもので、またチャリティー美術展の寄贈依頼が来た。 絵描きにはこれくらいしか出来ないのでまた寄贈致します。

|
|

インスタ

Dsc02543
 
今朝インスタグラムを始めた。フェイスブックの次に出たSNSで簡潔で若者はこれに移行しているそうだ。チョッと慣れるまでかかったが何とか画像をアップで来た。
「インスタ映え」 を送るのが流行っているとか!!僕は絵だけアップ。

|
|

鉛筆画10 油壷

Img340
   色彩が無いので明暗での表現をつかむ。 構図が一番かな!

|
|

鉛筆画9 那須岳

Img338
ファーバーカステルで試したが、やはり2Bでないと上手くいかないことが分かった。
3段階のトーンでいけるが、これは二段階で終わった。

|
|

雨の上永谷

シトシト降る雨の中 車でカルチャーへ出かける。昨日の疲れも取れたので少し早めに出かけた。 カウンターに座っていると後ろで誰かかが声を・・・・。振り返ると一か月近く休んでいたスタッフだった。
教室では展覧会の絵の製作が進んできた。つい生徒の絵に手を入れ過ぎてしまって後で反省した。手を入れる前には「この木と葉に手を入れていいですか?」と聞くべきだった。
以前、冗談だとは思うが「先生、責任取ってください」と言われたことを思い出した。
これからはデッサンの狂いの修正程度にして、余り生徒の絵に手を加えるのはよそう。

|
|

鉛筆画8 茅葺民家

Img330
描いていくうちに、鉛筆の濃さに疑問が・・・やはりファーバーカステルに戻してみよう!!

|
|

日没風景

|
|

芸術館

Dsc02538

鎌倉芸術館をスケッチ。気候もよくゆったりとした時間だった。一時間で教室に戻り宿題を見て展覧会の絵を見てマジックで終わる。まだ疲れが出やすい。
でも皆さんが笑顔で疲れも吹き飛んだ。

|
|

鉛筆画7 丘の町


Img325
 

             鉛筆一本で楽しい時間を持てた

|
|

鉛筆画6 パリ

Img319
 
これまではB2で描いているが、Bも使った方が良いかな・・・

|
|

鉛筆画5 風車

Img311
鉛筆線の強弱、線の統一などを注意しながら進めてみよう。

|
|

鉛筆画4 教会

Img309
 教室で使っている「鉛筆スケッチ」本は素描、下描きで鉛筆画だとこのような物。
僕の鉛筆画は素描との中間的な感じだ。これからどのように変化するかはもう少し描いてみてから分かるだろう。

|
|

羽ほうき

Dsc02537
 鉛筆画に必要な道具はこれくらいだ。消しゴムは原則使わないに越したことはない。羽ぼうきも消しゴムを払うだけだから無くてもよい。
鉛筆削りはカッターでは削りずらかったので切り出しを使う。

|
|

鉛筆3 木練習

Img290zImg290zzImg291Img294
鉛筆画に適した鉛筆は何が良いか!今まで使っていたファーバーカステルは鉛筆画には向かない。表情を出しにくいのだ、6Bでは濃すぎ4Bが良さそうだがまだ濃いかな??
上の二点がF・C 6B 一番下が4B
 

|
|

鉛筆2

Img289zImg289zz
 鉛筆画では色も感じられないといけないので、そこが課題の一つだろう。
平面でも黄色なら地面、緑なら草原、青なら海と見てくれるがモノクロだとそうはいかない。

|
|

鉛筆画

Img277_3Img278Img279
  今日から鉛筆画の勉強を始めることにした。新しいジャンルで初歩から始めてみる。
まずはどのように表現するかを得とくしないといけないので、この段階が一番難しいと思う。最初はイラつきもあると思うが暫く頑張ってみよう。
早速描いてみたが最初は意識し過ぎて線が乱れた!!

|
|

慰めの・・・

Dsc02535
昨年の今頃毎日慰めてくれた散歩道にある公園は、今年も同じように花を咲かせて迎えてくれる。

|
|

晴れの水曜日

第二水曜日がやっと晴れた。一時間だけ鉛筆スケッチが出来た。 鉛筆だけのモノクロスケッチを指導してもらいたいという希望があった。検討しよう。
デッサンの大切さが解かってもらえてよかった。
スケッチはヤマモモの木の下で描いていたが、生徒がお肌が綺麗になるとか言ってヤマモモを口に放り込んでいたが、あれはまだ完熟前で酸っぱそうだったな!

|
|

スケッチ

火曜クラス前回の続きをスケッチしてきた。班長さんと次回のスケッチ場所の下見に行ったあと教室へ戻って展覧会の絵などを制作。
今日のマジックは横に座った人にはサービスマジックなのに・・・・。
キュウリ3本買って教室を出た。

|
|

つがわの狐の嫁入り・・・

Img248

|
|

末代皇帝

Img249
 西太后によって3歳で大清国12代皇帝にされた愛新覚羅溥儀の波乱の人生10巻を見終わった。歴代皇帝の中でも一番可哀そうな皇帝かな・・・!

|
|

鉛筆スケッチ講座体験日

13時から大船カルチャーで体験講座。一人お休みで6名が参加。 我々に近い年代の受講者と15歳の女の子。礼儀正しい良い子でした。お母さんが付き添ってきて側で見ていた。本当は水彩画をやりたかったようだが満席なので鉛筆スケッチに来た。
線の引き方から木、レンガ、窓などを描いて終了。
疲れた~~
終了後4名が入会されて教室が立ち上がった。
早く体調が良くなりたいので自分にムチ打ったのだが、少し前進。

|
|

鉛筆スケッチ講座

Img258
朝から明日使う「鉛筆スケッチ」講座の体験テキストを作っていた。

|
|

若い

6年くらい前に20代の女性が鎌倉教室に来たことがあった。整体の仕事をしているとか言っていたが、TSUUに連れて行った時にママが「若ーい」と目を見開いていていた。それだけ僕の教室はそれなりの人たちなのです。
もう一人30代の看護婦さんの生徒もいた。手が震えて線が描けないと言っていたが注射はうまいそうだ。「手が震えても針が刺せるの?」「注射は大丈夫です、お金貰っているから」「なるほど・・・!」
そう言えば体験で小学6年生がきたこともあったな、真面目に描いていたから若い人でも大丈夫そうだ。
ただ何時ものジョークはダメだな!!

|
|

15才の女性

明後日の鉛筆スケッチ講座に凄く若い受講生がやってきます。どのように指導するか・・今までと同じ様に行く心算ですが、それでよいのだろうか? 何しろ初めての事なので戸惑っている。

以前102才の方が見えたがその時は教室でもスケッチでも普通に対応できた。

|
|

梅雨・・・

梅雨に入ったようですね。雨のせいか道路も混みがちだった。今日から展覧会の作品作りになった。生徒にデッサンを描いてあげる「先生、これに色ぬればいいですね」「ダメだよ!塗り絵教室じゃないんだから」
また飴を配りだすと「飴、待ってました」「飴じゃないよ、餌だよ」「餌ならもっといい物くれなきゃ・・」「・・・・・・!」

|
|

Img247

たぶん18年くらい前だと思うが、僕のホームページの掲示板にシャンソン歌手からコメントが入った。僕の描くパリの絵が気に入ったとかだったと思う。暫くの間掲示板でのやり取りが続いていた。生徒達もそれを読んで「先生と康子さんのやり取りが面白い」と言っていた。

その翌年だったか関内の市民ギャラリーでの生徒の作品展が開催された。そこえピンクのスーツで康子氏がやって来たのだ。生徒達ともいろいろとお喋りしていた様子だった。

翌年県民ホールで康子氏リサイタルが、生徒は行ったようだ。

Img252

数年後生徒達と新宿のシャンソニエに出かけてライブを聞いた。

数年後横須賀で歌の催しがあって、我々の横須賀、猿島、三笠公園フリースケッチと重なったのでスケッチ後に会場に皆で応援に行った。

数年後横浜グランドコンチネンタルホテルで康子氏を招いて親睦会を開催。

その後鎌倉の展覧会にも来てくれた。

康子氏からのいろいろな所へのお誘いにはどうしても行けなかった。

現在は皆さんでお城へいらしてとお誘いがかかっている。

いつか女王様に会いに行きたいと思っている。

Shiro

|
|

康子嬢

Yas
最近描いた康子像 こんなふうに康子氏のFacebookに載っていた。

|
|

久し振りに

体調不良で休んでいた生徒が二ヶ月ぶりに出てきた。 以前とどこも変わりなかったというより増して元気になった様子。
僕のシューズを見てその靴を白く染めるんですか?
これは違う、これと同じのをもう一足買ったんだよ。
このままでもいいじゃないですか?
真っ白が欲しくて。でも失敗したらね・・・・
失敗したら散歩専用ですよね!
そう言う事だ。

|
|

アロハシャツ

Dsc02521
 六月に入ったばかり、梅雨前の晴天でアロハシャツでもおかしくない陽気。

|
|

ウオーキングシューズの色

Miz
ミズノのこのシリーズは全色持っているが白は無い。白は元々ないのだ。で白が欲しいので自分で染めようかとライトグレーを買ってきた。これに白いアクリル絵の具で染めてやろうと思うが、上手くいかないかもと思ってきた、白い靴ズミの方がいいかなと考えている。
失敗したら散歩用にしよう。

|
|

上永谷カルチャー

Img235
 カルチャー水彩、アクリル合同講座の帰り。車でいつものコースを帰っていくと駅裏にこんな広場があった。スケッチ出来そうだなと信号待ちしながら考えていた。結構広く静かで地下鉄が見える。いつか使ってみよう。

|
|

絵の楽しさ

Img228_2
この絵も何度失敗しただろうか!最初の絵は奥深く塗りつぶすされている。次ぎの絵になったが、それも気に入らず塗りつぶしてこの絵で決着した。だからこの絵は厚みが出た。描いている時はまるで戦、作戦を立てながら兵を進めていく心境。それがたまらなく心地よい。
黒いイメージで描きはじめた絵は赤でおさまった。
この絵をエックス線で見ると下に二枚の違った顔があるはずです。
絵とは似ているようで似ていないその絶妙さがよい。

|
|

« 2018年5月 | トップページ | 2018年7月 »