« 切手シール | トップページ | カルチャー芸術展 »

ゴッホの耳

ゴッホがアルルにいる時に事件は起きた。ゴッホはゴーギャンとの芸術上の軋轢により精神的に参っていた。ゴッホは何を思ったか自身の片耳を切り落とした。その耳を手にしたゴッホは夜の十時頃第一公娼館に行き、ラシェルという娼婦に「これを大事に持っていてくれ」と言って耳を与えた。その後発狂して自殺をとげた。

« 切手シール | トップページ | カルチャー芸術展 »

画家と名画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 切手シール | トップページ | カルチャー芸術展 »