鉛筆画114 プロバンスのイルカ噴水

Img220

鉛筆画113 パリ13区の教会

Img205

困った・・・

家内が尿の再検査でクリニックから試験管を持って帰った。朝一番の尿を持て行くと言う。
数日後
「クリニックへ行ってくる」
「もう取ったの」
「早起きして取ってある。それよ」 
「何処?」
「そこにあるでよ、後ろに」
11時頃に「じゃあ行ってくる」
「途中でこれポストに入れておいて」
「分かった」
2分くらいして変な予感が!!玄関を見ると試験管が置いてある。携帯をかけると家内が
「モシモシ、何・・・!」
「尿は!」
「あっ忘れた」
戻ってきたらしくドアが開いた。
「クリニックに何しにいくの?」
「出かけに悠さんが郵便なんて渡すからよ」
「すまんな!」
試験管を手にまた出て行った。
ポストに尿を投函しないことを祈った!

鉛筆画112 パリ遠望

112  
ノートルダム寺院の回廊から裏側を

鉛筆画111 モンルージュ教会

Img194

ステッキ

オークションでステッキを買ったが発送がアメリカからでもう一か月待ったが届かない。待ちくたびれたのでもう来ないかなと思っていたら、今日メールが届いて日本には到着しているが通関手続きで時間が掛かっていてあと一週間はかかるようだ。 もう少し待てば新しいステッキを持って通える。

ちょきんしましょう

老後のために貯金が必要です。60過ぎたらちょきんを始めよう。ちょきんといっても貯金でない!貯筋です。これなら出来そうだ。筋肉からは若返りホルモンが出ているとか、コツコツと筋肉を付けよう。 貯筋しておけば貯金はいらないかも?

鉛筆画110 サン・タンヌ教会

Img190

ベルサイユの庭

Bel_2
 ネット社会のおかげといえるのでしょう!昔描いて人手に渡った絵に再会出来るんだから。 何十年ぶりに見るとその時の状況が微かに浮かんでくる。パリから一人でベルサイユに向かった電車の中の事が・。

鉛筆画109 モンマルトルの階段

109

雨が・・

出かける前は曇りで何とか持ちそうな感じだったが、講座の途中で廊下に出ると外は雨が降っていた。雨マークなんて無かったのに!雨の中滑らないように気を付けて帰ってきた。
鉛筆スケッチ教室は5人ぐらいなのに都合で来年から広い教室へ移動するようだ

鉛筆画108 モロッコ路地

Img178

新店長

Dec2905_2
上永谷カルチャーに着くと新店長が名刺をくれた。ぼくも名刺を渡すと「先生とは一度お会いしています」 聞くと18年前にカルチャーの講座案内に乗せる写真を撮りに浄智寺で合っていたのだ。 僕はまったく覚えていないがよく18年前の事を覚えているもんだ。その時の写真がこれで、階段の中ほどの黄色いのが僕だ。
「あの頃は若かった」と言うと店長が「私も・・・」 何かしんみりしてしまった。

今だから秘密を明かすと・・この写真に写っている生徒はカルチャー生徒ではない。

鉛筆画107 城ヶ島灯台

107

パブロフの犬

講義中頃になるとリュックから飴を取りだして配るのだが、最近は生徒も飴の出る頃だと思うのか飴の袋のガサガサという音で反応し出す。顔も緩んでヨダレが垂れている。「まるでパブロフの犬だね!」と言うと笑っていた。

鉛筆画106 フランス学士院

Img174

二十周年記念画文集

Dsc02702
 画文集が刷り上ってきました。 明日の教室から皆さんに配布いたします。

鉛筆画105 コルドバ メスキータ

105

ろうやぼう

Ro
 DVD「ろうやぼう」 54話 見終わる。南北朝時代、梁帝国で起きた地位争いに絡んだ、体を毒に侵され長く生きられない策士の波乱の人生物語。

鉛筆画104 サン セヴラン教会

Img168

«風景画ハンドブックの解説

Adsense 広告





2018年11月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ